【BALLEGGS売買情報専門館】城南エリア、東急東横線、東急目黒線の不動産の事ならBALLEGGSにご相談ください。

menu

description ブログ

access_time2020年6月13日

▼住宅ローン組み方のポイント




 住宅ローン組み方のPOINT 

あなたのライフプラン次第!?





  ☑ すべての諸費用を含めた総費用を確認しましょう   


 不動産購入にかかる費用としては、直接の建築工事費、購入価格の他に税金、登記費用、住宅ローンの手続き費用、場合によっては、住宅ローンが実行されるまでの間の支払いを目的としたつなぎ融資費用や建て替えの方は工事中の仮住まいのための費用がかかります。また、マンションの場合は修繕積立基金がかかります。この他にもカーテン、照明器具、家具などの耐久消費財購入費が必要になります。


  ☑ ライフスタイルにあった金利タイプを選択しましょう  


 金利のタイプにはいろいろあります。まずは、しっかりそれぞれの金利タイプのことを知っておきましょう。固定金利、変動金利、固定金利期間選択型について、それぞれの金利変更ルールや特徴をよく掴んでおきましょう。


 ☑ いくら借りられるかより、いくら返せるかを第一に考えて借りましょう  


 目先の金利の安さに惑わされないようにしましょう。

住宅ローンの年間総返済額は、年収に対して過度な負担にならないようにすることが非常に大切です。過剰な借入れとならないように注意しましょう。

また、数字上はローン審査に通っても実際の生活になると、かなり返済の負担は重くなります。

生活に見合った返済額になるように借入額や借入期間を考慮しましょう。

今後の生活費等のライフサイクルの変化を考慮し、「いくら借りられるかより、いくら返せるか」を念頭に置いて借入金額を決定していくことがポイントになります。


 ☑ 毎月払いを基本に返済しましょう  


ボーナス払いを利用すると、毎月の返済金はそれだけ低くなり、月々の返済が楽になったように感じます。しかし、ボーナスは会社の業績などによって大きく変動します。例えば大企業や公務員であってもボーナスが減ったり、無くなったりする事も有り得ない話ではありません。

ボーナスの大部分をローンの返済にあてる計画ですと、ボーナスが少なくなったときに返済に困ります。

しかも、ボーナス払いの返済月は返済額が多額になるため、もし返済が遅れてしまうと正常な返済の状態に追いつくのは大変です。

毎月払いを基本に返済計画を立てましょう。


 ☑ 返済期間(完済時の年齢)を考えて計画しましょう 


住宅ローンは長期にわたり返済していくものですが、その期間の中で、子供の教育資金や結婚、ご自身の転職、退職などにより、生活費や収入が大きく変動したりします。

そのため、ある程度収入の変化や家族の成長時期を考えた返済期間を設定することが大切です。

例えば、「年金収入となった場合を考えて、退職時期までの返済期間とする。」などといった計画をたてて、その中で無理のない返済を続けていくことが大切です。


 ☑ ローン返済額以外の支払いも考えて計画しましょう 


住宅の完成後にかかる費用は、ローン返済額ばかりに目がいきがちですが、次のような費用が新たに発生しますので、これらも計画にいれて返済計画をたてましょう。


❶ 税金 土地、建物に対する固定資産税と都市計画税が毎年かかります。


❷ 団体団体信用生命保険特約料 団体信用生命保険特約制度は、ローンを返済されている方が死亡・高度障害に陥った場合に、保険金でローン残高を完済する制度です。住宅金融機構やフラット35を利用する場合は、各自で保険料の支払いが必要です。民間銀行の住宅ローンの場合は、ほとんどの場合、銀行が支払います。


❸ 火災保険料 火災保険は通常住宅ローンを完済するまで加入するように金融機関からの条件が付きます。住宅の購入時に前期間分一括で払わなかった場合は、定期的に保険料の支払いが発生します。


➍ 補修費の積立 家は必ず劣化していきますので、定期的な点検・補修が必要となります。いざ、補修となったときに慌てないように毎月、補修費を積み立てておくと安心です。

マンションの場合 共用部分の維持管理費として、主な費用は管理費、修繕積立費ですが、この他にも共同アンテナ使用料、駐車・駐輪使用料などがかかる場合があります。

ライフサイクルをしっかりと考えて計画しましょう

人生は、年齢とともに、結婚、子供の誕生、入学、進学、子供の結婚、定年退職など様々なイベントがあります。こうしたライフサイクルのなかで、住宅取得を考えていかなければなりません。住宅ローンの返済は長期にわたるものですから、様々な人生のイベントや発生する費用などを考慮した、しっかりした返済計画をたてて借りるようにしましょう。



access_time2020年6月13日

▼住宅ローンの基礎知識




 住宅ローンの基礎知識 

あなたのライフプラン次第!




住宅ローンはマイホーム購入者にとっては、

物件選びにも匹敵するくらいのかなり重要なポイントです。

入した不動産も20年、30年といった期間で利用を考える必要が有りますが、

住宅ローンもやはり20年、30年、35年といった非常に長期間のお付き合いになります。

しかも生命保険や火災保険までしっかり掛ける文字通り「命懸け」の契約になります。

後で、しまった!!」とならない為にも…


まずは住宅ローンの基本知識と組み方のポイントを身に付けましょう。





 ☑ 住宅ローンの基礎知識 


(1)大きく分けて住宅金融機構の 融資  銀行住宅ローン の2種類があります。


住宅ローンには大きく分けて住宅金融支援機構を中心にした公的融資と民間銀行の住宅ローンの2種類に分別されます。それぞれに一長一短はありますが、現在は住宅金融機構と民間銀行が競合しているケースも多くなり、どちらも商品開発に力を注いでいます。

一部違った商品もありますが、一般的に公的融資は長期固定金利(財形融資を除く)の住宅ローンを、民間銀行は変動を中心とした短期固定金利を主力商品としています。



(2)住宅ローンの返済方法は「元利均等方式」「元金均等方式」の2つがあります。


住宅ローンには返済方法が2種類あります。それぞれに一長一短がありますので、特徴だけ掴んでおきましょう。ローンは「元金」、「利率」、「期間」の三つで返済額等が決まってきますが、その大前提の返済方法によっても中身は相当変わってきます。

といっても住宅ローンの返済方法は基本的に2種類だけです。「元利均等」と「元金均等」に分かれます。


ちなみに・・・

「元金均等」とは文字通り「元金」を均等に分割して返済する方法です。


例えば…


6,000万円、10%、35年返済 場合は

まず元金 6,000万円  35年 420回 で割ります。


すると 14万2,857円 になります。


月々の返済元金は 14万2,857円 ずつで最後まで変わりません。


その元金に毎月の利息の額を足して返済していきます。

利息の方は元金が毎月減っていきますので毎月ほぼ同じ額だけ減っていきます。


初回の利息

6,000万円 × 1.0%/12 で 5万円 

初回月の返済額は  19万2,857円  です。


2回目の利息は(6,000万円-142,857円) × 1.0%/12

4万9,881円になります。

ずっと最後までこの計算を繰り返す事になります。

最初の負担は大きいのですが、元金がどんどん減っていくので利息の支払額は「元利均等」に比べて少なくなります。




「元利均等」とは

元金と利息を足した額が均等になるように常に元金額と利息額を可変させて

毎月同じ額を返済する方式です。


同じく6,000万円、1.0%、35年 返済の場合は

毎月の返済額は 16万9,371円 となります。


こちらは元金の減りが遅く、総支払額は「元金均等」に比べて多くなってしまいます。

ただし最初の返済額が少なく、支払額も毎月一定なので一般的には住宅ローンと言えばこちらになってしまいます。


ローンの3要素は「元金」「利率」「期間」です。


返済方法が決まると後は「元金」「利率」「期間」が決まると肝心の返済額が決まってきます。3つの内どれか一つでも少なくなったり減少すると返済額が少なくなります。

逆にどれか一つでも増えると返済額は増えます。

元金は借入時にどうしても自己資金との関係であまり選択の余地はありませんが、

利率は銀行によっても違いますし、同じ銀行でも選択する商品によっても違う場合があります。



access_time2020年6月13日

【 購入 vs 賃貸 】 後悔しないのはどちらか?


 【 購入 vs 賃貸 】 

後悔しないのはどちらか?




  購入  



_購入のメリット_


☑ 資産が残る 

 設計やリフォームが自由にできる

 ローン返済後は負担が少ない

 社会信用やステータスが得られる

 住み替えなど、ライフスタイルの変化への対応が容易

 初期費用や維持費が少なくてすむ

 土地や建物の価格下落の影響があまりない

 住み替えなど、ライフスタイルの変化への対応が困難

 初期費用や維持費(固定資産税や管理費など)にお金がかかる

 土地や建物の値段が下がり、売却が難しい場合がある


_購入のデメリット_


 住み替えなど、ライフスタイルの変化への対応が困難

 初期費用や維持費(固定資産税や管理費など)にお金がかかる

 土地や建物の値段が下がり、売却が難しい場合がある




 賃貸 



_賃貸のメリット_

 住み替えなど、ライフスタイルの変化への対応が容易
 初期費用や維持費が少なくてすむ
 土地や建物の価格下落の影響があまりない

_賃貸のデメリット_

 生涯にわたって支出が続き、資産にはならない
 リフォームが不可
 選択肢が少ない
 高齢の場合、転居が難しいケースがある

もし、数年の滞在とあらかじめ決まっている場合には、手続きが比較的簡単な 賃貸 がおすすです。かし、家賃の負担が大きく、自分の老後のことなど長期的に考えていらっしゃる方には、自分の資産とな 購入 を選択される方が増えてきています。


また、現在の家賃より月々のお支払いが安くなるような物件をお客様ごとにご提案しております。将来のことを考えて、このまま賃貸の家賃を払っていくのはちょっと・・・と

迷っていらっしゃる方は是非、購入 を検討されてはいかがでしょうか。


また長期ローンを無理なく組めるのは若い世代ならではです。

ある程度、将来設計ができて、家に対する目的意識がハッキリしたら 購入 してよいでしょう。

ただ、共働きの夫婦で子供が生まれたら、育児に時間やコストがかかりますから、使えるお金が変動することは頭に入れておく必要があるでしょう。




access_time2020年6月13日

バレッグスの強みを活かした不動産売買サービス




バレッグスの強みを活かした不動産売買サービス





  ☑ 公開・非公開物件数 地域 No.1 !!  

_弊社は、東急沿線の公開・非公開物件 No.1_

ホームページの会員様のみご紹介可能な物件も含め、購入・売却をご希望されるお客様のあらゆるニーズにお応え致します 。



  ☑ 地域に密着し独自の物件情報を仕入れています。

日頃から賃貸仲介で取引のあるオーナー様がご売却を検討している物件や、

お付き合いのある不動産会社様から頂戴する物件を弊社のお客様にのみお付き合いのある不動産会社様から頂戴する物件を弊社のお客様にのみご提供しています。


  ☑ 100%宅地建物取引士だからこその安心感  

全員が宅地建物取引士であることは勿論、業界経験20 年以上、

住宅ローンアドバイザー、不動産コンサルティングマスターの資格を有するスタッフがお客様に合わせて的確にアドバイスを致します。





創業30 年の不動産会社バレッグス

...長きに渡ってお客様に選ばれ続けた理由とは...




これまでの常識にとらわれず、

真にユーザーファーストなサービスを追求してまいります。




  ☑ 売買仲介・賃貸仲介賃貸管理リノベーション買取など...

不動産に関わるサービスをワンストップで提供 !!  

 過去に賃貸でご成約頂いたお客様からマイホームの購入のご相談、転勤に伴ってご自宅を貸すべきか売るべきかのご相談、ご家族が増えたことで賃貸物件の借り換えのご相談、相続で取得した物件のご相談、ご自宅のリノベーションの設計から施工まで、不動産に関わるあらゆるサービスを弊社ではワンストップでご提供できます。


お客様のライフステージやライフイベントに合わせて柔軟に対応できる

サービスの提供こそが、ユーザーファーストだと考えています。



  ☑ 城南エリアに特化して創業30年・10店舗展開 !!  

 創業から現在に至るまで弊社は城南エリアに特化して営業しております。

「エリアを限定するからこそ提供できる価値がある」と考えているからです。

そうして培ったか知恵やノウハウをお客様には惜しみなくご提供致します。



  ☑ 不動産流通機構(レインズ)を活用することで

都内・城南エリアの不動産会社ネットワークを活用 !!   

 東急東横線沿線を中心に城南エリア内の全ての不動産会社が利用している

業者用のポータルサイトである「 REINS (レインズ)」も積極的に活用することで、お客様の利益を最優先に営業致します。





バレッグスはおかげさまで

多くのお客様にご来店・ご成約いただいております。


バレッグスのお客様には非公開物件や成約事例などを全て公開しているため、

都内東急沿線を中心多くの成約実績がございます。


…この地域に精通したプロにぜひご相談ください…



_本店を構える学芸大学駅、東急東横線沿線を中心に都内城南エリアに10店舗を展開_

地域に特化したことによる情報量とスピードの速さで

みなさまの住まい探しをサポートいたします。

1
arrow_upward